[PR]

 安倍晋三首相は13日、帰省先の山口県長門市で憲法改正への意欲を改めて示した。父の晋太郎元外相の墓参りをした後、「自民党立党以来の最大の課題である憲法について、国会において憲法の議論をいよいよ本格的に進めていくべき時を迎えている、ということを(墓前で)報告した」と記者団に語った。首相の帰省は14日ま…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも