[PR]

 米通商代表部(USTR)は13日、9月に発動を予定する対中制裁関税の「第4弾」について、携帯電話など主要な消費財への適用を12月15日まで遅らせると発表した。▼経済面=ダウ急伸

 米消費者に影響が大きい品目への適用を先送りすることで米経済への影響を和らげるとともに、中国に対しても一定の譲歩の姿勢を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも