[PR]

 人民元安が1ドル=7元台まで進み、米国が中国を為替操作国に認定したことで、米中対立が金融分野に及ぶとの懸念が中国金融界に広がった。世界に冠たる米国債保有国としての立場や元の国際化などを通じて、米国を牽制(けんせい)するべきだとの意見が相次いでいる。

 10日にあった有力シンクタンク「中国金融40人…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも