[PR]

 超大型の台風10号はお盆期間中の14~15日にかけ、暴風域を伴ったまま九州や四国に接近、上陸する見込みだ。四国や近畿の太平洋側では降り始めからの総雨量が1千ミリを超える恐れがある。気象庁は13日、臨時で会見を開き、暴風や高波、土砂災害などに注意し、早めに避難するよう呼びかけた。▼26面=交通に影響…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも