[PR]

 13日の米ニューヨーク株式市場は、米政府による対中制裁関税の一部先送りを好感し、大企業でつくるダウ工業株平均が大きく反発した。終値は前日比372・54ドル(1・44%)高い2万6279・91ドル。上げ幅は一時530ドルに迫った。

 米通商代表部(USTR)は13日、9月1日に予定する制裁関税「第4…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも