[PR]

 ロシア北部のミサイル実験場で起きた爆発事故で、同国の気象環境監視局は13日、約40キロ離れたアルハンゲリスク州セベロドビンスク市内で事故直後に放射線レベルが最高で通常の16倍に上昇したことを明らかにした。実験は原子力推進の新型ミサイル開発に関するとの見方が強まっている。

 爆発は8日に発生。気象環…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも