[PR]

 設備投資の先行指標である機械受注統計の6月分で、変動の大きい船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)が前月比13・9%増の9603億円となり、2カ月ぶりに増加した。鉄道車両の大型受注が金額を押し上げ、比較可能な2005年4月以降で最大の伸びとなった。内閣府が14日発表した。

 このうち非製造業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも