[PR]

 中国国家統計局が14日発表した7月の経済指標は生産、消費ともに伸び率が大きく落ち込み、失業率も小幅に上がった。米国との通商対立が激化し、中国経済の先行きも不透明さを増すなか、影響を受けやすい設備産業を中心に、生産を控える動きが続いている。▼3面参照

 7月の鉱工業生産は前年同月比4・8%増。伸び率…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも