[PR]

 アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)で行われているエボラ出血熱の治療薬の臨床試験で、2種類の新薬のいずれかによって治療を受けた患者の生存率が早期の段階なら9割に達することがわかった。世界保健機関(WHO)などが12日、発表した。

 エボラ出血熱は約5割と死亡率が高く有効な治療法も見つかって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも