[PR]

 第2次世界大戦後のシベリア抑留者の遺骨収容をめぐり、16人分の遺骨が日本人ではない可能性が高いのに厚生労働省が公表していなかった問題に続き、別の70人分の遺骨も日本人ではない可能性があることが分かった。厚労省は専門家の指摘を放置していた可能性があり、遺骨収容事業の適切さに疑念が生じる事態となってい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも