[PR]

 ■(セーフアウト)直球勝負が裏目、6失点

 生命線の直球を、いきなり完璧に捉えられた。7連敗中の日本ハムの先発マウンドを託されたルーキー吉田輝には、ほろ苦いプロ3試合目の登板だった。

 「好調の荻野さんをまっすぐで切れたらいけるんじゃないか」。そんな狙いの真っ向勝負が裏目に出た。一回、先頭の荻野に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも