[PR]

 天皇陛下は「深い反省」を踏襲。首相は今年も加害と反省に言及せず。「同胞」だけが戦没者であるかのように。

    ◎

 閣僚の靖国参拝は今年もなし。首相は代理を通じて玉串料を奉納。日中関係も、右派層の意向も気になるようで。

    ◎

 韓国大統領が「対話と協力を」と。報復合戦には幕を引き、互恵に立ち返ろう。先人が過去を乗り越えたように。

こんなニュースも