[PR]

 本との出会いを演出する二つの「新空間」が人気を集めている。一つは、1万2千冊の本を備えた箱根のホテル。もう一つは1500円の入場料をとる東京・六本木の書店だ。ともに出版取次の最大手、日本出版販売(日販)が手がける。出版不況に風穴を開けるか。

 ブックホテル「箱根本箱」は神奈川県箱根町に昨夏オープ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも