[PR]

 日本の近代とは、大きくいえば西洋化の歩みだったといえる。美術もしかり。西洋美術をいかに受容し、それを日本の風土にどう定着させるか。この作品は、その葛藤が表れた典型的な一枚だろう。日本的風景が、印象派風の点描表現で描かれているのだから。

 作者の太田喜二郎(きじろう)は黒田清輝らに学んだ後、留学先の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも