[PR]

 百枚近い短冊がついた笹(ささ)飾りは、なかなか壮観だった。枝が深くしなる。短冊の数が多いせいだけでなく、五人が人生の折々に祈った願いごとの重みなのだろうか。

「笹飾りって、七夕が終わったらどうするんですか?」と真知子さんに訊(き)かれた。

「ウチは短冊だけ取って、笹のほうは可燃ゴミで出してたな」

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも