[PR]

 社会の一面を鋭く切り取るミステリー、時代小説、ファンタジーと幅広いジャンルを手がけてきた宮部みゆきさんが、正面からSFに向き合った。短編集『さよならの儀式』(河出書房新社)は、読み込むほどに身につまされ、身近な社会の不気味さが透けて見える。「本質的に怪談作家」という宮部さんは「私のエッセンスがほと…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも