[PR]

 厚生労働省が21日発表した2018年の雇用動向調査によると、働き手のうち就職や転職で仕事に就いた人の割合を示す入職率は、前年より0・6ポイント低い15・4%だった。仕事から離れた人を示す離職率は同0・3ポイント低い14・6%だった。人手不足が続く中、仕事に就いた人が辞めた人を6年連続で上回った。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも