[PR]

 発がん性や胎児の脳への影響が指摘されている農薬が、駐車場や道ばたの除草、コバエやゴキブリの駆除、ペットのノミ取りなどに無造作に使われ、使用量が増えている。代表的なのが、グリホサートの除草剤とネオニコチノイド系の殺虫剤だ。海外では規制が強化されつつあるのに、国内の対応が甘いことに、研究者は懸念を抱い…

この記事は有料会員記事です。残り1783文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1783文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1783文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも