[PR]

 20世紀を代表する現代作曲家、モートン・フェルドマン。米国に暮らし、ジョン・ケージらに大きな影響を与えた心優しき巨人だ。その晩年の記念碑であるピアノ曲「バニータ・マーカスのために」(1985年)を収録した新譜を、高橋アキが世に出した。「理屈抜きの心地良さ。地球を飛び出し、違う星で朝ごはんを食べてい…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも