[PR]

 「文章の種類は何ですか」。先生が問うと、子どもたちは「肯定文と否定文」と声をそろえた。

 「では、アプリケーションを開きなさい」

 指示を受け、30人の児童が一斉にタブレットを触り始めた。

 ニジェールの首都ニアメーにあるトンディビア小学校(児童数699人)の6年生は週3回、国連児童基金(ユニセフ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも