[PR]

 米南部ルイジアナ州ニューオーリンズ。米航空宇宙局(NASA)の組み立て施設で、次世代の大型ロケット「SLS」が開発されている。

 2024年の月着陸を目指す米国の新たなアルテミス計画で使われる予定のロケットだ。開発は遅れ気味だが、早ければ来年に新開発の有人宇宙船オリオンを載せて月へ無人の試験飛行を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも