[PR]

 参院選では、SNSやユーチューブなどを駆使した小政党や候補者が躍進した。昭和や平成の時代にはみられなかった現象だ。ネット化する日本の政治はどこへ向かうのだろうか。

 ■双方向のSNS、共感呼ぶ 山田太郎さん(参議院議員)

 7月の参院選では、比例区で自民候補2位の54万票を獲得して当選しました…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも