[PR]

 世界で景気後退の懸念が高まっている。世界経済を牽引(けんいん)する米国では、景気後退の先ぶれとされる債券市場のイールドカーブ逆転現象(短期金利が長期金利を上回る状態)が続く。

 米国の景気拡大が10年続いていることを考えれば、循環的な調整が迫っていても不思議はない。しかも今回はそこに、トランプ大統…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも