[PR]

 ピンク映画、日活ロマンポルノから「遠雷」「ヴァイブレータ」まで。1947年生まれの大御所、荒井晴彦の脚本は男女のエロスを描いて傑出している。初めて監督した「身も心も」の、画面に充満するセックスの匂いは強烈だった。「この国の空」に続いて監督3作目となる今回は、直木賞作家、白石一文が「ほとんどセックス…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも