[PR]

 医療機関で処方される花粉症の治療薬のうち、市販の薬で代用できるものを公的医療保険の適用から外すべきだなどとする案を、健康保険組合連合会(健保連)が23日公表した。年597億円の医療費抑制につながると試算しており、医療の公定価格「診療報酬」の来年度改定などに向けた提言に盛り込んだ。

 2016年度の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも