折々のことば:1560 鷲田清一

有料会員記事

[PR]

 それは目の前の人が体得し、これから自分自身が向き合おうとする「芸」そのものに対しての礼なのです。

 (田中佐太郎)

     ◇

 歌舞伎囃子方(はやしかた)は弟子に稽古をつける時、挨拶(あいさつ)を一番に教えると言う。「よろしくお願いいたします」と言い、ひたすら深くお辞儀をするのは、師匠にではな…

この記事は有料会員記事です。残り83文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る