[PR]

 暑い夏、いっそ透明人間にでもなったら涼しそうだと空想してみるが、なったらなったで結構大変らしい。

 なにしろ、手に持つものは宙に浮いて見えるから周囲は大騒ぎになる。雑踏では自分が必死でよけないと人にぶつかられる。アメリカの傑作小説「透明人間の告白」にもろもろの苦労は詳しい。

 さらに、飲み食いした…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも