[PR]

 米中貿易摩擦をめぐる制裁措置の応酬を受け、26日の金融市場は円高と株安が進んだ。日経平均株価は一時、前週末終値から500円超の安値となり、大幅に下落した。外国為替市場では「安全資産」の円を買う動きが強まり、同日朝に一時1ドル=104円台半ばまで円高ドル安が進み、約7カ月半ぶりの円高となった。

 週…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも