[PR]

 ■銀河鉄道と6脚の椅子、主はどこへ消えた

 薄暗い闇の中に椅子が6脚並んでいる。「誰かの不在」を示すかのように。ここに座っていた人はどこに消えたのか。波の音が聞こえる。

 今春、岩手県内で上演された震災劇「ジョバンニの切符」はそんな情景から始まる。

 生き残った者と死者との交信を描く宮沢賢治の童話…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも