[PR]

 米中貿易摩擦をめぐる制裁措置の応酬を受け、26日の東京金融市場では円高・株安が進んだ。円相場は一時、1ドル=104円台半ばと約7カ月半ぶりの円高水準をつけ、株式市場でも日経平均株価の下げ幅が一時500円を超えた。

 東京外国為替市場では取引が本格化する前の午前7時過ぎ、前週末の夕方と比べると2円以…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも