知的財産権、ゲームで考える 障害者アートに取り組む団体、カード作成

有料会員記事

[PR]

 アイデアや作品の価値、作者の人格を守る「知的財産権」=キーワード。複雑で難しいと思われがちな権利について、遊びながら考えられるカードゲームを奈良市の団体がつくりました。

 「このあたりで作戦会議をした方がいいかも」「作品を保護しとかないとまずくないかな」。8月上旬、京都市京都造形芸術大学。学生…

この記事は有料会員記事です。残り1759文字有料会員になると続きをお読みいただけます。