年金水準、見通し改善せず 30年後に2割減 財政検証

有料会員記事

[PR]

 公的年金の将来の見通しを示す年金財政検証の結果を27日、厚生労働省が公表した。高い経済成長を見込んだ場合でも、年金水準は約30年後に現在より約2割低くなる見通しが示された。前回の2014年検証から目立った改善はみられず、制度改正や高齢者の就労促進などで「支え手」を増やす必要性を強調する内容となった…

この記事は有料会員記事です。残り828文字有料会員になると続きをお読みいただけます。