大学入学共通テスト、検定料据え置き 文科省方針、受験生の負担増避けるため

有料会員記事

[PR]

 文部科学省は、2020年度から始まる大学入学共通テストの検定料を、現行の大学入試センター試験と同額に据え置く方針を固めた。国語と数学で導入される記述式問題の採点作業などのための運営費が増えるが、受験生の負担増を避けるために国から補助金をあてる方向で、来年度予算の概算要求に関連経費約50億円を盛り込…

この記事は有料会員記事です。残り275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。