[PR]

 生きづらさを抱える子どもたちの支援に在宅緩和ケアで学んだことを生かそうと、横浜市の医師が学校での「いのちの授業」に取り組んでいる。20年ほど前から続けてきたが、夏休み明けを前に、初めて講師を育てる研修会を開き、中高生向けに小説も出した。子どもたちに自分や周りの「苦しみ」と「支え」について考えてもら…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも