ギリシャ首相「解決重要」 ナチス占領期損害の賠償金 独首相と会談

有料会員記事

[PR]

 ギリシャで7月に就任したミツォタキス首相が29日、ベルリンを訪問してメルケル独首相と初めて会談した。ギリシャはドイツに対し、第2次大戦中のナチス・ドイツの占領下で受けた損害に対する巨額の賠償金を求めている。ミツォタキス氏は、ドイツからの投資を求める一方、国内でくすぶる「戦後補償問題」の進展にも期待…

この記事は有料会員記事です。残り513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら