「信販会社には工事やったと答えて」 リフォームローン不正、ある業者の実態

有料記事

[PR]

 住宅ローン「フラット35」をマンション投資に使う不正では、不動産業者が多くの客にリフォームローンも組ませていた。業者はリフォームした中古マンションからの安定した賃料収入を約束したが、工事が架空だった例もあり、水増しされた融資金は業者の懐に入ったとみられる。巧妙な手口で不正を隠し、露見すると「罵倒」…

この記事は有料記事です。残り1142文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント