[PR]

 国際柔道連盟(IJF)のマリウス・ビゼール会長が30日、朝日新聞のインタビューに応じ、男子81キロ級で元世界王者のサイード・モラエイ選手(イラン)が、イスラエル選手との対戦を巡って国から出場辞退するよう圧力をかけられていたことを明らかにした。ビゼール氏は来年の東京五輪で、モラエイ選手を難民選手団の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも