預託商法、法整備求める建議

有料記事

[PR]

 家庭用磁気商品への投資を募っていた「ジャパンライフ」など、預託商法をめぐる被害が後を絶たないことから、内閣府・消費者委員会は、預託商法に関する法整備の検討を求める建議を宮腰光寛消費者相と山本順三国家公安委員長に提出した。

 悪質な預託商法では、商品や運用実態がないのに高配当や元本保証をうたって勧誘…

この記事は有料記事です。残り199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。