[PR]

 子どもの貧困対策は、6月の法改正によって前に進む道筋がついた。しかしその陰で、看板事業の担い手が「市場化」という難題に直面している。生活の苦しい家庭の子を無償で教える学習支援事業のことだ。

 これまで主に地域のNPOや社会福祉協議会が自治体の委託を受けてきたが、近年は教育産業の進出が目立つ。厚生労…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも