[PR]

 第2日が韓国・釜山近郊の機張(キジャン)であり、1次リーグB組の日本は南アフリカとの第2戦に19―0(六回コールド)で勝利し、通算成績を2勝とした。

 日本は一回、熊田の中前適時打で2点を先制。指名打者の西が四回に左越え3ラン、六回は左越え2ランを放つなど、計15安打19得点。先発の浅田は五回まで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも