[PR]

 この頃。すべてが配給。会話も配給。

 (高見順)

     ◇

 『敗戦日記』、昭和20年6月の記述から。敗戦の色が濃くなっても言論の厳しい統制は続き、8月に入って作家は、「肉体だけでなく精神もまたその日暮(ぐら)しになっている」と記す。そして新聞には「知りたいとおもうことは何も出てない」と。しば…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも