[PR]

 避難生活に欠かせないレトルト食品や缶詰などの「非常食」が、相次ぐ災害をきっかけに広がりを見せている。体質や宗教などにも配慮した商品が続々と登場し、市場規模も拡大傾向にある。一方、家庭では備蓄がなかなか進まないなど課題も少なくない。

 防災の日の1日、東京都渋谷区の代々木公園で「渋谷防災フェス20…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも