[PR]

 1910年に30歳の若さで亡くなりながら、日本の近代彫刻史に大きな足跡を残した荻原守衛(もりえ)(号は碌山〈ろくざん〉)。その生誕140周年に当たる今年、彼の芸術を考える展覧会が長野県などで開かれている。

 荻原は長野県東穂高村(現・安曇野市)生まれ。仏のアカデミー・ジュリアンなどで学ぶかたわら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも