[PR]

 民法の成人年齢引き下げにあわせ、少年法の適用年齢も20歳未満から18歳未満に引き下げるかどうかを法制審議会(法相の諮問機関)が議論していることを受け、少年事件を担当してきた家庭裁判所の元調査官らが3日、引き下げに反対する声明書を山下貴司法相あてに提出した。30~90歳代の元調査官292人が署名、賛…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも