[PR]

 ■幸せへ「自分をいたわって」

 九州出身の母から「男尊女卑の風習に苦しめられた」と聞いて育ち、資格を身につけて働きたいと思っていた。体の仕組みに興味があり、基礎研究者をめざして京大医学部に進学。教授の話が衝撃だった。「現在は女性の出産数が減り、月経の回数が飛躍的に増えた大月経時代。子宮内膜症など…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも