「おむすびころりんクレーター」 はやぶさ2がつくったくぼみ、JAXA命名

有料記事

[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、探査機はやぶさ2」が着陸した小惑星「リュウグウ」の石や砂が入っていると期待されるカプセルを、来年末に豪州南部の砂漠地帯に帰還させると発表した。初代「はやぶさ」のカプセルも2010年に豪州で回収しており、吉川真准教授は「経験を生かせる」と説明した。

 発表による…

この記事は有料記事です。残り297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。