(インタビュー)入管、長期化する収容 弁護士・児玉晃一さん

有料記事

[PR]

 在留資格を失った外国人が入国管理当局の施設で長期間、収容され続けるケースが増えている。明確な期限もないまま、数年間に及ぶ例が珍しくなく、自殺や抗議のハンストも相次ぐ。20年以上前から外国人を支援してきた弁護士の児玉晃一さんは、人権侵害が今、最悪の状況だと言う。この事態、日本社会の何を映すのか。

この記事は有料記事です。残り3518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。