[PR]

 小惑星探査機「はやぶさ2」が異常を検知し、先月末に一時、最小限の通信などしか作動しない安全モードの状態に陥っていたと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。機体に問題は見られず、2日後に正常な状態に戻った。今後の運用にも支障はないという。▼科学面=「クレーター」命名

 発表によると、地球への帰…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも