[PR]

 日本銀行の片岡剛士審議委員は4日、北海道函館市であった地元財界との懇談会の講演で、「短期政策金利のマイナス幅を拡大させることが適当だ」と述べ、追加緩和の必要性を主張した。経済や物価の低迷を防ぐためにも、「先制的に政策対応することが重要」だとも強調した。

 日銀は物価上昇率2%を目標に掲げているが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも