[PR]

 ▼1面参照

 ■急場しのぎ、反発は収まらず 遊川和郎氏(亜細亜大学アジア研究所長)

 「逃亡犯条例」改正案の撤回は、中国政府とすれば林鄭月娥長官に「助け舟」を出すギリギリのタイミングだったのだろうが、急場しのぎに過ぎない。

 林鄭氏が「選択肢があるなら辞任したい」と述べたことが海外メディアにより…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも